0471-70-2193

【受付時間】平日9:00~18:00

障害年金コラム

国が約40年ぶりに障害年金制度の改正検討!2025年に国会提出を目指す意向

国会議事堂

障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があり、障害厚生年金の方が障害等級の幅も広く、受給額も多いです。

しかし、現行の制度では「初診日」の年金加入状況で受給できる障害年金の種類が決まるため、長年厚生年金に加入していても、初診日が退職後であれば障害厚生年金は受給できません。

現行制度に不満を持つ障害者が多い中で、国は約40年ぶりに障害年金制度の大幅な改正を検討していると発表しました。

当記事では、障害年金制度の現行制度と改正が実現すればどのような部分が大きく変わるのかを解説します。

障害年金とは?

障害年金とは「老齢年金」「遺族年金」に並ぶ、公的年金の1つです。

ケガや病気によって、麻痺や後遺症が残り、仕事や日常生活に制限が生まれてしまった際、現役世代も含めて受給できます。

「障害」と聞くと、半身まひや寝たきりなどを想像される方が多いでしょう。

しかし、うつ病で日常生活が送れない、病気やケガが原因で椅子からスムーズに立ち上がれなくなったなど、ちょっとした動作に制限が生まれた場合も立派な障害です。

障害年金の受給有無は、仕事や日常生活にどれだけの影響を与えているかによって判断されるため、少しでも不自由があれば障害年金の受給対象となります。

ただし、65歳以上になったら受給できる老齢年金と違って、障害年金は申請し、審査が通らなければ受給できません。

鳥海所長
また、障害年金の存在を知らない方も多いことから、「もらい忘れの年金」とも呼ばれています。

もっと障害年金のことを知りたいという方は以下の記事をチェックです!

もらい忘れの多い年金・障害年金とはどんな制度なのかわかりやすく解説!

障害年金の2つの種類

障害年金の種類は大きく分けて次の2つです。

  • 障害厚生年金
  • 障害基礎年金

簡単にみていきましょう。

1.障害厚生年金

「障害厚生年金」は厚生年金に加入している方に支給されている障害年金です。

障害等級は1~3級、障害手当金(一時金)があり、「障害基礎年金」に「障害厚生年金」が上乗せされた状態で受給できます。

2.障害基礎年金

国民年金に加入している方に支給される障害年金です。障害等級は1~2級までしかなく、障害手当金もありません。

受給されるのも、障害基礎年金のみとなるため、同じ障害等級だったとしても、障害厚生年金よりも受給額は少ないです。

「障害厚生年金」と「障害基礎年金」の違いについては、以下の記事で詳しく解説しています!

もらい忘れの多い年金・障害年金とはどんな制度なのかわかりやすく解説!

無料ご相談はこちら

障害年金の種類は「初診日」で決まる

受給できる障害年金の種類は「初診日」の段階で、どの障害年金に加入しているかによって決まります。

つまり、初診日の段階で国民年金に加入していれば「障害基礎年金」、厚生年金に加入していれば「障害厚生年金」になるということです。

ここで注意しなければならないのは、長年勤務し厚生年金に加入していても、初診日の時点で国民年金に加入していると障害厚生年金を受給できないという点です。

例えば、会社員時代に病気になっていても、病院に行ったのが退職後だった、退職して転職活動中に事故に遭ったなどという場合、どれだけ長く厚生年金に加入していても、障害基礎年金しか受給できません。

初診日のわずかな差で、年金の種類や有無、支給額が大きく変わってしまいます。

国が障害年金制度の改正検討を公表

初診日のわずかな差で、年金の種類や有無、支給額が大きく変わってしまう仕組みに対しては、以前から改正を求めている声が障害者から上がっていました。

厚生労働省は「障害厚生年金」を今より受け取りやすくするために、障害年金制度の改正を検討していることを発表しました。

2025年に年金制度の改正法案を国会へ提出することを目指しており、具体策について審議会を設置・議論していくようです。

初診日によって受給できる障害年金の種類が決まる現行の仕組みは1985年の改正法に基づいており、改正が実現すれば約40年ぶりの大きな変更となります。

対象者は制度改正後の新規受給者

ただし、改正の対象となるのは、改正後の新規受給者です。

したがって、現在の受給者には今のところ適用される見込みがありません。

ただし、受給額が大きく変化するだけに現在の受給者も他人事ではないため、自分のことと捉えて今後の動向を注視していく必要があるでしょう。

まとめ

長年厚生年金に加入していたにもかかわらず、初診日のわずかな差で、障害基礎年金か障害厚生年金に分けられる現行制度は問題だと言わざるを得ません。

そういった意味で、今回の障害年金制度の改正検討は喜ばしいことであり、大きな1歩だといえるでしょう。

ただし、現時点で改正の対象となっているのは、改正後の新規受給者のみであり、改正前の受給者には適用されません。

初診日の差によって障害基礎年金しか受給できず、不満を抱えている方も多いだけに、どのような改正案にまとまるのか気になる部分です。

40年ぶりに年金制度改正が実現するのか、今後の動向を注視していきましょう。

鳥海社会保険労務士事務所は、千葉県流山市を中心にうつ病に関わる障害年金申請代行業務を行っています。

書類作成に自信がない、医師とのやりとりが上手くいっていなくて悩んでいるのであれば、専門家の意見などを交えながら、一緒に障害年金の受給を目指しませんか?

障害年金の受給を検討されている方はお気軽にご相談ください!

参考文献

【障害年金に対応】鳥海社会保険労務士事務所

鳥海社会保険労務士事務所は、「多くのお客様の障害年金申請のお手伝いをさせていただくことで、そのひとつひとつを大きな経験とし、その経験を明日同じような境遇に立っている誰かの手助けに役立てること」を目指してきました。

依頼者様が障害年金を受給できるよう、これまで培った知見・経験と丁寧なヒアリングで、依頼者様のご希望に添えるようサポートしています。

無料ご相談はこちら

-障害年金コラム

© 2023 鳥海社会保険労務士事務所 Powered by AFFINGER5